「ふれあいママ・サロン」やってます。


院長 木村恵子は、地域のママや赤ちゃんのための交流の場を作りたいと考え、2012年10月より、地元の中野区白鷺(しらさぎ)で、月に1回第2火曜日に「ふれあいママ・サロン」(通称:ふれママ)を始めました。

当時の白鷺町会長に、この企画をお話しし、場所を貸して欲しいと相談したところ、「是非良い話なので、白鷺町会としてもバックアップするから、白鷺町会主催で始めてみたら?」と言っていただきました。最初は、会の趣旨を町会役員の皆さんに理解していただくことなどに、苦労しましたが、今ではとてもご理解いただき、チラシを回覧板で回していただいたり、ポスターの掲示をしてくださったり、運営費を補助してくださるなど、町会の皆さんの協力で成り立っています。

 

また、忘れてはならないのが、強力なふれママのスタッフです。木村家の三人娘達がお世話になった保育園の朝のパートの先生の室岡さんにまず声をお掛けしたところ、快く引き受けてくださいました。

それから、パート仲間の長島さん、かつてのママ友の長谷川さんを誘って来てくださいました。

そして、地域をよく知る民生委員であり、町会の役員をされている岡本さん、初代のスタッフには、地元の医院を経営しているSさんも来てくださっていました。今は、地域の先輩ママの須藤さん、河合さん、ママ友で保育園で働く田島さん、星川さん、ママ友で小児科看護師の阿部さん、リトミックの先生の佐々木さん、フラワーエッセンスのかねこさん、イベントの時には美味しい食べ物を提供してくださる、後藤さん、きらくさん。

すべてスタッフの皆さんはボランティアで、「赤ちゃんが可愛いから」「ママ達の役に立ちたいから」という理由で、来てくださっています。

 

いろいろな方の力をお借りして、ふれママはここまで成長し、そして続けてくることができました。

地域のママ達や赤ちゃん達の少しでも役に立てていたら、幸いです。これからも細く長くできるかぎり続けていきたいと思っています。

 

ふれあいママ・サロン 詳細は こちら から