院長より

助産院のホームページをご覧くださり、誠にありがとうございます。

この度、東京都中野区白鷺(しらさぎ)にて

「しらさぎふれあい助産院」

を開院させていただきました。

院長の木村恵子と申します。 

 

母乳育児、お産が、大大大好きです。

お産をした後の、ママの笑顔や赤ちゃんの安心した顔を見るのが大好きです。

 

まずは、母乳相談、育児相談でスタートです。妊娠期の保健指導、更年期のご相談もお気軽にどうぞ。

いずれ、お産もできる助産院を、近隣で開業したいと思っています。

 

 

 

 

木村恵子

東京都杉並区高円寺のパル商店街育ちです。実家は化粧品店「紅葉(もみじ)」をしていました。

いつか、自分のお店を持ちたいと思っていた気がします。

 

阿波踊りが大好きで、若かりし頃は、自分で踊っていましたが、現在はお休み中。

いつか、阿波踊りも復活したいという野望をひそかに持っています。

 

沖縄の浜比嘉島・久高島・阿嘉島が大好きです。暇と時間とお金があったら、沖縄へ行きたいです。

 

音楽は、オフコース時代から、小田和正さんが大好きです。

年末の「クリスマスの約束」の公開録画に参加したいと、つねづね思っています。

 

そして、そしてお産大好き、母乳育児大好きです。赤ちゃんと、お産した後のママの笑顔がだ~い好きです。自分も何人でも生みたいと思うほど、お産中毒。産むのが大好きです。でも、自分のお産は卒業しました。

少しでも、ママや赤ちゃんのお手伝いができたらと思っています。


昭和60年 産業能率短期大学を卒業


昭和60年 アメリカンファミリー生命保険会社(AFLAC)にて事務職に就く。AFLACのおかげで、「仕事とは楽しいもの」と思う。


平成 5年 長女を近隣の総合病院で出産後、産後1か月で乳腺炎になり、母乳相談の自然育児相談所、故山西みな子先生と出会う


平成 8年 自然育児相談所の故山西みな子先生の勧めで、次女をファン助産院で出産。幸せな良いお産をし、また助産師さんの素晴らしさに感激。助産師になりたいと思う。しかし資格取得するのに4年間かかると分かり、ここでは一度断念する。


平成11年 アメリカンファミリー退職。ここから8年間、様々な業種の仕事に就き、助産師を超えるほどの「ずっとやり続けたい職業」をみつけようと職業探しをする。


平成15年 30代のうちに、もう一度、ファン助産院での幸せな妊娠・分娩をしたいと思い、夫にお願いして無事妊娠。39歳で三女出産。この時に、やはり、助産師しかない。助産師に絶対になりたいと思う。


平成17年 1月  まずは保育園に預けることを先決に考え、保育園を決めて、慣らし保育中に母乳ケアのため、自然育児相談所を訪れる。その際、求職中だと言うと、山西先生から「だったらうちで働かない?」

とお誘いを受け、即決で事務員として働くことを決める。相談所の事務員は、母乳マッサージ以外のことはすべてこなす。電話相談も対応していた。


平成17年 2月 仕事に就いて1か月で山西みな子先生が急逝する。葬儀の手伝いをさせていただき、多くの助産師さんにお会いして、改めてこの世界にいたいと思う。その後、自然育児相談所に新たにいらした山西祥子先生のもとで、続けて働く。


平成18年4月 聖母大学看護学部入学。週末と長期休暇の際には相談所の仕事を続けるも、1年生の終わりには退社。合計2年間相談所には席を置いていた。


平成22年3月 聖母大学看護学部卒業。看護師、保健師、助産師免許取得


平成22年4月 東府中病院入職


平成23年3月 東府中病院退職。その後、松が丘助産院の宗院長に依頼され、被災地の妊産婦に東京に避難して安全に産前産後を過ごしてもらおうという「東京里帰りプロジェクト」のリサーチのため、4月東北大震災の被災地へ助産師として、10日ほど出向く


平成23年 8月 佐々総合病院入職


平成24年10月 妹:上原ちなみ、地元の白鷺町会、先輩ママ有志の協力により、ママと赤ちゃんのための

「ふれあいママ・サロン」を月に1回、毎月第2火曜日に始める。


平成26年 8月 佐々総合病院でパート勤務に変更。休日はファン助産院で勉強させていただく


平成27年 8月 佐々総合病院退職


平成27年 9月 約1か月、愛知県岡崎市の吉村医院にお産修行に行く


平成27年10月 東京都杉並区のあこがれのファン助産院にて、パート勤務開始


平成27年11月 ファン助産院で働きながら、自宅の一室に母乳相談・育児相談の「しらさぎふれあい助産院」の開業届提出


平成28年 3月 「しらさぎふれあい助産院」本格開業する。


平成28年 5月 夫が膵臓がんと分かり、「しらさぎふれあい助産院」休業。ファン助産院退職。

7月8日夫:誠治、帰らぬ人となる。


平成28年10月 松が丘助産院 宗院長に声を掛けていただき、松が丘助産院でパートで勤務しながら、

「しらさぎふれあい助産院」の活動再開する。

 

 

武士和子

助産師歴30年です。

母乳のことならなんでも聞いてください。

左の写真は愛犬のあぶーちゃんです。